腰椎分離症についての詳細情報と治療法

腰痛を早く治す方法

腰椎分離症についての詳細情報と治療法

腰椎分離症は腰椎の椎体と後部の椎弓が離れてしまうという事から発症する症状になります。

 

簡単に言うと一種の疲労骨折とも考えられています。

 

繰り返しねじれの動き等の負荷が加わることによって、椎体と椎弓をつないでいる部分が損傷していまうのが原因になります。

 

具体定期に発症し易いのはどんな方なのでしょうか?

 

10代の若い子供に発症し易い腰痛

 

2014y04m17d_204750606

 

腰椎分離症はまだ骨や筋肉が成長しきっていない10代の子供が激しいスポーツをすることで発症することが多いようです。

 

特に小中学生に多く見られる症状になっており、そのままにしていると痛みが続くので、高校生になってから検査して分離症が発覚するケースも結構あるみたいです。

 

しかしたまに、大人になるまで症状が出ずに、大人になって痛みが出て発覚するというケースもあるみたいです。

 

大人になって発症する場合に、60歳以上で筋肉が衰えてきたっころに現れると、分離した腰椎が前にずれてしまう「腰椎分離すべり症」になる可能性があるので注意が必要です。

 

まずは医師の診断を受けることが大事です。

 

治し方は単純で、基本的に治療はコルセットをつけて安静にしたり、ストレッチやエクササイズで治すことができます。

 

手術をすることはないと思うので安心していいと思います。

 

ただ症状が重症な場合はコルセットをつけての安静期間が長くなる可能性があるので注意が必要です。

 

大人になると症状が悪化することがあるのでとりあえずはどんな状態なのか病院でレントゲンなどで診断してもらうといいです。

 

ストレッチのやり方については医師と相談するといいですが、当サイトでは専門家に相談しながら実践できる改善方法を載せているので参考にしてみてはどうでしょうか。

 

専門家によるストレッチなら効率よく改善が可能なだけでなく、それと並行して食事などの体の内側からの改善方法も相談してみるといいと思います。

 

youtuutisakusabisusyouhin
bnr_chiikibetsu_600x300
bnr_chiikibetsu_600x300
bnr_youtsuukaizen_600x300

 

タグ :  

腰に関する疾患情報 腰に関する疾患情報 腰椎分離症

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る