腰椎椎間板ヘルニアの診断方法について

腰痛を早く治す方法

腰椎椎間板ヘルニアの診断方法について

腰椎椎間板ヘルニアは腰痛でも有名でよくある症状ですが、どのように病院では診断するのでしょうか。

 

腰椎椎間板ヘルニアの診断方法については色々ありますが、医師が重要視しているのは膝を伸ばしたまま下肢を上げるテストになります。

 

このテストをSLRテストといいます。

 

まずは下記から詳細情報をご覧になってみてはどうでしょうか。

 

腰椎椎間板ヘルニアの診断について

 

2014y05m22d_151726609

 

椎間板ヘルニアを調べるSLRテストではヘルニアによって圧迫を受けている坐骨神経が引き伸ばされて痛みが出てきます。

 

他にもハンマーを使って行われる腱反射や筋力、知覚などのテストによっても、どの部位の神経根が障害を受けているかを調べることができます。

 

上記の方法は必ず行われる診断方法になります。

 

椎間板ヘルニアの診断に慣れた医師が上記の診断を行えば、こうしたテストでほぼ正確にそのヘルニアが発生した場所を診断することができます。

 

これでさらにヘルニアが疑われる場合には、きちんとMRI診断をしたり、さらには脊髄造影検査などの画像検査を行うことで診断されることになります。

 

診断自体はそこまで難しいものではないので心配せずに受診するといいと思います。

 

病院での診断方法なのでそこまで参考にならないかもしれませんが、どういったことが病院で行われているのか知るということも知識として持っておくと安心して病院でも診察が受けられるのではないでしょうか。

 

上記が腰椎椎間板ヘルニア診断方法になります。

 

医師の診察を受ける予定の方はどんな診断方法で調べるのか見ておくといいと思います。

 

もし四肢に痺れがあればヘルニアの可能性があるので、もし心当たりがあるのなら早めに病院で診察を受けるようにしたほうがいいです。

 

また当サイトでは腰の疾患についての専門家の改善マニュアルを紹介しているので利用してみるのもいいのでないでしょうか。

 

ちなみにマニュアルには無料診察券がついているものがあるので、それを利用して診察してもらって改善方法を指導してもらうといいと思います。

 

 

youtuutisakusabisusyouhin
bnr_chiikibetsu_600x300
bnr_chiikibetsu_600x300
bnr_youtsuukaizen_600x300

 

タグ : 

腰に関する疾患情報 腰に関する疾患情報 腰椎椎間板ヘルニア

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る