腰痛と椎間板の加齢による変化について

腰痛を早く治す方法

腰痛と椎間板の加齢による変化について

腰も加齢によって変化していきます。

 

加齢に伴う変化を退行性変化といいますが、年齢に比較してより早期に起こる退行性変化を変性といい、水分の減少などが見られます。

 

水分の減少は椎間板の変性と非常に大きな関係があります。

 

まずは下記から詳細情報をご覧ください。

 

椎間板の加齢による変化

 

2014y05m01d_155244041

 

椎間板は非常に弾力に富んでいる組織ですが、、それは中の髄核に多くの水分が含まれていることによります。

 

生まれた直後の赤ちゃんの椎間板の髄核には90パーセントの水分が含まれていますが、70歳ぐらいになると65%ぐらいに減少して、あたかも古くなったゴムホースのように椎間板本来の弾力を失います

 

この結果、外からの加えられる圧力によって、髄核を取り囲む線維輪に亀裂が入るようになります。

 

線維輪の後方は、もともと構造的に弱い部分にあたるため、通常はこの部分から亀裂が起こります。

 

こんな感じで加齢によって椎間板の髄核の水分が減少したことで、線維輪に変性が起こる場合、亀裂は通常放射状に始まります。

 

ここまで来てしまうと、背骨の機能は微妙に変化して、椎間関節の滑膜が炎症を起こすようになります。

 

このように加齢によって椎間板が変性してしまうと、腰の痛みの原因になる椎間板ヘルニアなどの症状を発症する可能性があります。

 

加齢による痛みはこういったことが原因で起こることもあるので、中年の方などで症状で悩んでいるなら椎間板ヘルニアなどの疑いをもっておいたほうがいいかもしれないですね。

 

ただしびれなどがないならそこまで重症ではないので、とりあえず病院でレントゲンを取ってもらうなどして症状を確認するくらいのことはしてもいいかもしれないです。

 

当サイトではそんな腰痛改善についてのプロのマニュアルなども紹介してるので読んでみるのもいいと思います。

 

有料マニュアルでは無料診察券や無料サポートが付いているのもあるので、専門家のアドバイスを聞きながら改善に取り組むことが可能になります。

 

youtuutisakusabisusyouhin
bnr_chiikibetsu_600x300
bnr_chiikibetsu_600x300
bnr_youtsuukaizen_600x300

 

タグ :  

腰痛の基本情報

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る