腰痛にならない為に靴のトラブルにも注意が必要

腰痛を早く治す方法

腰痛にならない為に靴のトラブルにも注意が必要!

靴選びから腰痛対策は始まっていると言ってもいいと思います。

 

靴は普段の歩く姿勢にも大きく影響してくるので、自然と腰との関係もでてくるようになります。

 

靴を選ぶ際になかなか自分に合った靴がないと感じているかたもおおいのではないでしょうか。

 

靴を購入するときにはかならず試着してから購入を決めるようにしましょう。

 

当たり前ではありますが、自分に合ったサイズの靴を購入することが非常に大事です。

 

もしどうしても自分に合う靴がないという場合にはインソールやパッドなどを使う事によって調整するようにするといいと思います。

 

また靴が合わない状態で歩いているとその歩き方がクセになってしまうことがあるので注意が必要です。

 

靴が合わないことによる問題とは

2014y07m10d_141838103

靴のサイズが合ってないと、靴ズレうおの目足爪のトラブル等が出てくるようになり、姿勢に影響を及ぼすようになります。

 

また靴が合っている場合でも、ハイヒールなどを好んで履いている場合は、外反母趾内反小趾の原因になるので注意が必要になります。

 

元々重心のバランスがあまりよくない方や、立つ姿勢や歩き方が悪い方はできるだけ、ハイヒールやピンヒールを吐くのは止めた方がいいと思います。

 

どうしても履きたい場合は、しっかりと正しい姿勢や正しい歩き方を身に付けてから履くようにしましょう。

 

さらに長時間ハイヒールを履くことで、ふくらはぎや足の裏などに疲労がたまりやすくなるので、疲れを感じたら、必ずストレッチやマッサージなどを行う習慣をつけるようにしましょう。

 

ハイヒールや厚底靴の注意点について

2014y11m24d_145532345

普段から使っている靴にも注意が必要で腰痛とは非常に深い関係があります。

 

靴はヒールの高さが非常に大きな問題になってきます。とくに女性が履くハイヒールは腰痛を引き起こしやすい履物になっており、立った姿勢におよぼす影響には2つの場合を考えることができます。

 

①膝をしっかりと伸ばしてハイヒールを履いていると、膝は角に伸びてしまって重心よりも後方に位置しているので骨盤は前傾してしまって腰椎の前弯が強くなってしまいます。

 

②ヒールが高くて膝が完全に伸ばせないような場合だと、骨盤がやや後傾してしまうので立った姿勢では腰椎の前弯は強くなりません。

 

さらに厚底靴は足底部分が動かないので、歩くときの膝や股関節のなめらかな運動を阻害する効果があります。そのため股関節の周囲を疲労させてしまいます

 

また厚底靴で歩くと、振り出す側の骨盤を引き上げる動作によって、腰部の筋を疲労させることになってしまいます。

 

上記のような靴で腰痛になっているようなら、かかとが低くて安定性の良いスニーカーなどを履くようにしてはどうでしょうか。

 

※足のトラブルはすぐに治療しよう!

 

足のトラブルは痛みに発展するか可能性が高いので、できるだけ早めに治療するようにしましょう!

 

そのままにしてると足以外の部分のトラブルの原因になる可能性があるので注意するようにしましょう。

 

youtuutisakusabisusyouhin
bnr_chiikibetsu_600x300
bnr_chiikibetsu_600x300
bnr_youtsuukaizen_600x300

 

タグ :  

生活習慣の改善で腰痛の再発防止

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る