腰痛と食習慣の関係について

腰痛を早く治す方法

腰痛と食習慣の関係について

腰痛と食習慣がどれだけ関係があるんだと思う方もいるかもしれませんが、食生活からくる疾患というのも意外と少なくないです。

 

実際どんな原因によって食習慣から発症するんだ?と思う方もいると思います。

 

まずは食習慣と症状との関係を理解しておきましょう。またやらない方がいい食習慣についても紹介しています。

 

食習慣によって直接何かが起こるという事はありません。

 

しかし前面の部分にある腹腔という所には、胃や腸などの消化器官などの色々な臓器があります。

 

これらの臓器が異常を感じて緊張することによって、背後にある腰の筋肉も緊張して症状を引き起こし易い状況になってしまいます。

 

つまり食習慣による臓器の異常によって間接的に腰痛を引き起こす可能性があるということです。

 

腰痛に悪い食習慣とは?

 

2014y12m04d_212249692

 

上記で説明したように、腰の近くにある臓器の異常によって症状を引き起こす可能性があるという事は説明しました。

 

実際は食事の悪習慣によって、発症するだけでなく、色々な病気の原因にもなるので注意が必要になります。

 

ちなみに腰痛に関して言えば消化不良に注意することが重要です。

 

実際に便秘で悩んでいる方や、下痢を頻繁にしている方は発症しやすいです。

 

便秘や下痢に等の消化不良にならないためにも、食生活をしっかりと改善して腸内環境を整えるようにする必要があります。

 

まあ、普通に健康面から考えてもできるだけ早めに治したほうがいい症状と言えると思います。

 

まずは下記のような習慣がある方は注意が必要です。

 

    • 早食いでよく噛まずに飲み込む
    • 食べ過ぎや太り過ぎ
    • 好きなものだけを食べる偏食
    • 腹部が冷えている
    • 過剰な食事制限やダイエット

 

上記のような習慣に心当たりがある方もいるのではないでしょうか。

 

まずは上記のような習慣を何とか改善する努力が必要です。

 

※上記のような習慣が一つでもある場合は改善を!

 

上記のような習慣の中で多そうなのが「早食い」と「腹部の冷え」ではないでしょうか。

 

特に「早食いでよく噛まずに飲み込む」というのは癖になっているかたが多いので意識して改善する必要があります。

 

まずは下痢や便秘にならないようにしましょう!

youtuutisakusabisusyouhin
bnr_chiikibetsu_600x300
bnr_chiikibetsu_600x300
bnr_youtsuukaizen_600x300

 

タグ :  

日常生活で注意が必要な習慣 日常生活で注意が必要な習慣 食生活について

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る