腰痛になったら安静

腰痛を早く治す方法

腰痛になったら安静にするというはホント?

腰痛で「腰が痛い」や、「動かすのがつらい」と感じる場合、できるだけ安静にして静かにしておく方がいいという噂は本当なのでしょうか?

 

こういった場合はあまり動くのがよくないという感じのイメージはありますが、実際の所はどうなんでしょうかね?

 

「腰痛になったら安静」という噂が本当なのかどうなのか気になる方は下記から詳細情報をご覧になってみてください。

 

症状がでた場合、「ぎっくり腰」等の急性なもので自分で歩くことができなかったり、横になっているだけでも激しく痛む場合は安静が必要になります。

急性ではない腰痛の場合はどうなの?

急性ではない腰痛の場合はどうなの?画像

 

静かに安静にしていることによって、腰のあたりの筋肉が弱くなって硬くなってしまったり、血行が悪くなってしまう事があるので、動かせる範囲である程度の運動は必要になってきます。

 

しかし運動については内容は慎重に考える必要があります

 

運動はした方がいいというのは間違ないないですが、発症した場所や運動内容によっては悪化させる懸念もあります。

 

よくテレビで「腰痛に効く体操」などを紹介していますが、それが自分の症状のタイプに合えばいいですが、そうでない場合は逆効果になる可能性もあります。

 

症状のある場所や原因は人それぞれです。

 

デスクワークが原因で発症する人と、中腰での力作業が原因で腰に異常を感じる人とでは、同じ痛みでも違うというのは何となくわかるのではないでしょうか?

 

それと同じように症状によって、合う運動と合わない運動があるという事になります。

 

上記のような理由から「腰痛になったら安静」というのはウソという事になります。

腰痛は自然治癒するものではにの安静にしても意味がない

腰痛は自然治癒するものではにの安静にしても意味がない画像

 

腰痛が安静にして治るものなら、腰痛で悩む人はもっと少ないと思います。

 

ギックリ腰の場合には腰の筋肉などが炎症を起こしているので、その炎症が沈静化するまでは安静にする必要がありますが、こういった急性の腰痛以外では安静にしてもあまり意味はないです。

 

それよりは腰痛にならないように腰周りを強化することが大事だったりします。

 

また姿勢改善など安静にするよりも大事なことが結構沢山あります。

 

腰痛の症状は炎症や疲労の蓄積で発生することが多いです。それの種類や内容によってどのような運動にするのか注意しましょう。

 

民間の腰痛療法で逆に腰痛が悪化したという人も珍しくはないので、あまり自己流で腰痛対策を行わないほうがいいかもしれないですね。

 

具体的にどんな運動がいいのかについては、当サイトで紹介している専門家によるサポートが付いたマニュアルがあるので、そこで専門家に相談して決めるようにするのがいいと思います。

 

ただの改善法ではなくしっかりと専門家のサポートが付いていると、自分で勝手な判断をすることなく相談できるのでありがたいと思います。

youtuutisakusabisusyouhin
bnr_chiikibetsu_600x300
bnr_chiikibetsu_600x300
bnr_youtsuukaizen_600x300

 

タグ : 

腰痛改善の噂

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る