腰痛になりにくいバランスのとれた姿勢とは?

腰痛を早く治す方法

腰痛になりにくいバランスのとれた姿勢とは?

腰の痛みが発生しにくいバランスのとれた姿勢とは、仙骨と頭のバランスがいい姿勢と言えると思います。

 

具体的にバランスのとれた姿勢というと「前後左右に重力が均等に分散されている姿勢」と言えるのではないでしょうか。

 

一番体に負担が少ない綺麗な姿勢と言えると思います。

 

姿勢のバランスはどう判断すればいいの?

 

2014y12m16d_165743794

 

分かりやすいのが左右のバランスですよね。

 

左右のバランスについては鏡に向かって立った時に骨盤が左右で高さが違ったりせずに、また左右の肩や目が同じ高さにある、左右対称であるかどうかでバランスを確認することができます。

 

しかし前後のバランスになると自分で判断するのはちょっと難しいかもしれませんね。

 

背骨については普通の場合でも横から見るとまっすぐとは言えませんし、カーブのラインについても人によって違うので見た目で判断するのはなかなか難しいです。

 

ただその際に参考になるのが、仙骨と頭の位置になります。

 

仙骨の真上に頭の位置がきているようなら、重心のバランスが取れている状態と言えます。

 

まずはあなたの今の姿勢がしっかりと整っているのか、鏡を見て確かめてみてはどうでしょうか?

 

横から見た背骨はS字状になっている

 

背骨は横から見ると腰椎と頚椎が前に凸状にカーブを描いて、胸椎が後に凸のカーブを描くなど、全体としてはS字状のカーブになっています。

 

S字にすることによって体重による脊椎への圧迫負荷を分散して、土台となっている腰椎への負担を軽くしているのです。

 

負担は、骨盤から腰椎にかけてのカーブと関係があります。

 

またこのS字カーブは頚部、胸部、腰部と背骨全体で変化しますが、その際にそれぞれがお互いに影響を及ぼしながら変化するようになっています。

 

つまり腰の痛みと関係のある腰椎のカーブを変える場合には、頚椎や胸椎のカーブも含めて改善し矯正する必要があるということです。

 

自力で改善しようと思っているなら当サイトで紹介している改善マニュアルを利用するといいです。

 

専門家にアドバイスを貰いながら実践することができるので是非とも利用してみてはどうでしょうか。

 

youtuutisakusabisusyouhin
bnr_chiikibetsu_600x300
bnr_chiikibetsu_600x300
bnr_youtsuukaizen_600x300

 

タグ :  

腰痛の基本情報

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る