腰痛を早く治す方法

腰痛を早く治す方法

腰痛になりやすいのは男女どっちなの?

腰痛で悩んでいる人は男性でも女性でも多いですが、どっちの方が腰痛になりやすい傾向にあるのでしょうか。また性別によってどのような腰痛の原因があるのでしょうか。男女では体の仕組みに違いがあるので、それぞれ腰痛になる原因も違ってきます。

男女では体の構造が違ってくるので、腰痛にも差が出てきます。具体的には骨盤と筋肉の付き方が違ってきます。

 

結論から言うと男性と女性ではどちらかというと女性の方が腰痛になりやすい体の構造になっています。

 

女性の場合は骨盤が出産を予定した作りになっており、男性とは違っています。女性の骨盤は出産用意のためにホルモンの分泌によってつなぎ目がゆるみやすく、縦方向の衝撃に弱いのでどうしても骨盤全体にゆがみが生じやすくなります。

 

また筋力も男性よりも付き方が少ないので体を支える力も小さくなってしまいます。こういた状況から男性に比べて女性の方が腰周りの筋肉を傷めやすい構造になっており、腰痛になりやすいことになります。

女性が腰痛になる原因は生活上も多い!

2014y12m06d_162213321女性は体のつくりから男性よりも腰痛になりやすい傾向にありますが、普段のライフスタイルからも女性の方が腰痛になりやすい状況はあります。

 

何となく男性の方が力仕事をしたり、激しいスポーツを行っているイメージなので腰に負担がかかりやすく、生活上の腰痛は男性の方が多いイメージではないでしょうか?

 

しかし男性のほうは骨盤がしっかりしており、さらに筋力量もあるので多少の無理があっても腰痛は出にくい状況にあります。

 

女性の場合は妊娠や出産、子育てなどがあり、普段の生活上でも腰痛になりやすい原因は色々あります。

 

妊娠して赤ちゃんが成長していくと骨盤が広がるので、骨盤のゆがみはさらに大きくなります。

 

妊娠するとどうしても腰周りの筋肉を傷めやすくするだけでなく、骨盤にズレが出て腰痛が発症しやすくなってしまいます。

 

また出産後も子育で、子供を抱っこしたり横向きで添い寝したり、腰に負担がかかる動作が日常生活でも多いので腰への負担が日々の生活で多いです。

 

さらに台所などで行う家事なども腰に大きな負担をかけてしまいます。炊事や洗濯はもちろんですが、掃除機をかけたりなど、結構日々の家事は腰への負担が多いです。

 

さらに女性の場合にはオシャレでハイヒールなどを履いたりするので、こういった靴も腰への負担が大きくなります。こうしてみても体の構造だけでなく、普段の生活でも女性の方が腰への負担が大きいことがわかるのではないでしょうか。

男性の腰痛は重症化しやすい

2014y04m18d_155323762男性よりも女性の方が腰痛になりやすい傾向にありますが、腰痛が重症化しやすいのは男性のほうです。

 

男性の方が骨格がしっかりしており、筋力もあるので腰痛になりにくい傾向があるのに、どうして男性の方が腰痛が重症化しやすいのでしょうか。

 

男性の方が体の構造がしっかりとしているので腰痛にはなりにくいですが、それだけに病院に来るほどの痛みが発症しているような場合だと、腰痛の症状が進行しているケースが多いということです。

 

また男性の場合だと腰の筋力が女性よりも多いので、一度腰痛になると腰の筋肉によって固定化されやすくなるので骨盤や腰椎への影響が大きくなってしまいます。

 

そのため男性の場合はヘルニアなどの比較的面倒な腰痛の症状が女性よりも多いと言えます。

 

男性の腰痛は重症化しやすいので、少しでも違和感を感じたら病院を受診するなり、重症化する前に対策を講じた方がいいと思います。

 

当サイトでは腰痛の改善に効果的なグッズやマニュアルを下記で載せているので好かったら参考にしてください。

youtuutisakusabisusyouhin
bnr_chiikibetsu_600x300
bnr_chiikibetsu_600x300
bnr_youtsuukaizen_600x300

 

こんな人は腰痛になりやすい

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る