腰痛の分類を腰の痛みの部位で分ける

腰痛を早く治す方法

腰痛の分類を腰の痛みの部位で分ける

腰痛は腰周辺に痛みがあることを指していますが、さまざまなタイプがあり、対処法もそれによって変わってきます。

 

一般的には椎間板ヘルニア、椎間板症、分離症などのように、痛みを起こしている部位によって分類する方法があります。

 

これは整形外科で分類する方法になります。

 

他にも発症からの経過時間によって急性と慢性に分ける方法や、痛みの種類による分け方、動きによる分け方もあります。

 

腰痛を起こしている部位で分ける

 

2014y04m27d_144113619

 

一般的に痛みを起こしている部位によって分ける場合は下記のようにな感じになります。

 

  • 椎間板ヘルニア
  •  

    椎間板の髄核が脊柱管内に突出、神経根をあっぱくしている症状になります。

     

  • 椎間板症
  •  

    椎間板が水分を失って、軽度に変形したり、変性している状態になります。

     

  • 分離症
  •  

    脊椎の後方にある椎間関節の近くの疲労骨折になります。

     

  • 分離すべり症
  •  

    分離症が悪化して分離している腰椎が前後にずれている状態をいいます。

     

  • 筋・筋膜性腰痛
  •  

    単純に腰部の筋や筋膜が損傷を受けたり、また過度に疲労して痛みを発している状態をいいます。

     

  • その他
  •  

    腰椎の圧迫骨折や脊柱管狭窄症、側弯症などになります。

     

    種類だけでもこれだけの分類が可能なので個人で探すのは難しいかもしれないですね。

     

    上記のようなことは病院などでのX線やMRIなどの画像診断の力を借りて診断される症状になります。

     

    ここで紹介したものは病院で診断が可能な症状なので、原因などがわかりやすく、治療法がある程度明確といえるので重症なケースもありますが、治し方はわかりやすいと言えます。

     

    逆に上記に当てはまらないような腰痛の方が、原因がわかりにくく、治しにくいと言われています。

     

    実際にはほとんどのケースでは当てはまらない場合が多いので、そこまで期待しないほうが言いかもし知れないです。

     

    ただある程度の絞込みはできると思うので医師の診察も無駄にはならないと思います。

     

    ちなみに当サイトでは専門家による改善マニュアルを紹介しているのでそちらを利用するのもいいと思います。

     

    マニュアルでは無料診察券が付いているのもあるので、活用してみてはどうでしょうか。

    youtuutisakusabisusyouhin
    bnr_chiikibetsu_600x300
    bnr_chiikibetsu_600x300
    bnr_youtsuukaizen_600x300

     

    タグ :   

    腰痛の基本情報

    この記事に関連する記事一覧

    TOPへ戻る