腰痛を早く治す方法

腰痛を早く治す方法

腰痛の水泳や水中運動のリスクと効果

腰痛で悩んでいる人は色々な改善方法を試している人が多いですが、その中で身体の重力が開放される水中運動は腰痛に効果的だと言われています。効果的に水泳や水中運動を行うにはどうすればいいのでしょうか?

水泳や水中運動は腰痛には効果的だと言われていますが、腰痛の症状によって効果が違ってくるので、まずは多用な腰痛の症状に水中運動が具体的にどんな要因から効果を発揮するのか説明しています。

 

腰痛で水泳や水中運動をする際には、しっかりと知識のある状態で行う必要があります。

 

何となく水中ウォーキングや水泳をすれば腰痛にいいと、にわか知識で実践している人がいますが、これでは思ったような効果を得られない可能性が高いです。

 

むしろかえって逆効果になる可能性もあるので注意が必要です。まずは水中での運動が腰痛にどのような効果を与えるのか理解するようにしましょう。

 

水中運動の特徴とポイントを理解しよう!

2015y10m22d_155301276水中での運動や水泳ではおもに浮力と水の抵抗の影響を受けます。

 

どちらも水深によって大きく変化しますので、水中運動をする際には、しっかりと目的に応じた水深を選ぶ必要があります。

 

ちなみに水中での体重は一般的に水面がへその部分であれば陸上での体重の50パーセントくらいになり、みぞおちくらいだと30パーセント、肩までつかると10パーセントという感じで、体重減少は浮力の影響によるものです。

 

もう一つの抵抗である、水の抵抗は水中で動かないと身体には作用しないです。

 

身体が水中で動こうとする際に、その動く速さに比例した抵抗と、水流の乱れが作る抵抗力とが運動するからだの各部に加わります。

 

このため水中でゆっくりと動けば、浮力の影響で身体は軽く感じるようになります。

 

反対に早く動こうとすると、水の抵抗を受けてより強い力が必要になってきます。水中運動ではこういった仕組みをしっかりと理解して行うようにしましょう。

 

腰痛治療の水泳や水中運動のリスクと効果を知ろう!

2015y10m22d_155344294腰痛での水中運動や水泳の利点は、水中で動くことによって重力による負担を身体から開放することができるということです。

 

分かりやすく説明すると、水中にいることによって脊椎は、身体を支えるという日常的に負っている負担から開放されるのはもちろんですが、、同時に痛みや不安、さらには心理的な影響も大きく軽減されます。

 

このため水中だと腰椎や骨盤の異常な動きの修正が、陸上よりも容易に行うことができて、しかも安全に行うことが可能になります。

 

そんな効果的な水中ですが、しっかりと腰痛を早く治すには、腰椎や骨盤の動きの異常や機能不全の場所や具合をあらかじめしっかりと理解しておくことが大事になってきます。

 

その中で修正するべき原因をしっかりと見極めて、どんなエクササイズを水中で行うべきか選択することが効果を上げる最大のポイントになります。

 

ただ水中では動きやすいということが、逆に脊椎に望ましくないストレスになってしまうことがあるので、すべての腰痛で安易に水中運動を行うのはリスクがあります。

 

あらかじめ自分の腰痛の状態を理解した上で水中での腰痛治療を行うようにするといいです。

 

当サイトでは腰痛治療を自宅で行うことができる専門のマニュアルを掲載しているので参考にして見てはどうでしょうか。

youtuutisakusabisusyouhin
bnr_chiikibetsu_600x300
bnr_chiikibetsu_600x300
bnr_youtsuukaizen_600x300

 

腰痛の基本情報

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る