腰痛の痛みを防ぐブロック療法の種類

腰痛を早く治す方法

腰痛の痛みを防ぐブロック療法の種類

腰痛で激しい痛みがある場合にブロック療法をするという話を聞いたことがある方もおおいのではないでしょうか。

 

ブロック療法とは局所麻酔剤によって痛みを抑える療法になります。

 

ただ一口にブロック療法と言っても複数の種類があるのを知っている人は少ないのではないでしょうか。

 

まずは下記からその具体的なブロック療法についてご覧ください。

 

激しい腰の痛みにはブロック療法

 

2014y05m20d_151224689

 

ブロック療法の種類は下記になります。

 

  • 局所ブロック法(トリガーポイント注射)
  •  

    押して痛みのある筋内に行います。

     

    急性腰痛など、痛みがはっきりとわかる場合に効果的なブロック療法になります。

     

  • 硬膜外ブロック法
  •  

    脊柱管内の硬膜外腔に局所麻酔剤を注入する方法になります。

     

    椎間板ヘルニア腰部脊柱管狭窄症などの場合に用いられます。

     

  • 神経根ブロック法
  •  

    神経根造影の時に合わせて行う療法になります。

     

    正確なブロック注射のためには、レントゲン透視を行う必要があります。

     

  • 椎間関節ブロック法
  •  

    椎間関節造影の時に合わせて行う療法になります。

     

     

    これらのブロック療法については、外来か入院してもらい行う必要があります。

     

    ブロック療法と言ってもこれだけの方法があるということを知らなかった人も多いと思います。

     

    一番ポピュラーなのは局所ブロック法になります。

     

    ぎっくり腰には神経ブロック療法が有効だと言われています。

     

    ぎっくり腰は非常に痛みが激しいので、薬だけで痛みを軽減するのは難しいです。

     

    そのためブロック療法を行う方が結構多いです。

     

    そうはいってもおそらくブロック療法まで使う人は少ないのではないでしょうか。

     

    基本的にはぎっくり腰の場合は自宅で安静にしておけばある程度よくなるので、ヘルニアなどの症状の際に利用することが多いと思います。

     

    当サイトではヘルニアも改善できる専門家による有料マニュアルを紹介しているので使ってみてはどうでしょうか。

    youtuutisakusabisusyouhin
    bnr_chiikibetsu_600x300
    bnr_chiikibetsu_600x300
    bnr_youtsuukaizen_600x300

     

    タグ :  

    腰が痛い方必見!腰痛を治す方法 腰痛の基本情報

    この記事に関連する記事一覧

    TOPへ戻る