腰痛を早く治す方法

腰痛を早く治す方法

腰痛の痛みの種類の詳細とは

2014y01m01d_160031343

痛みの仕組みは簡単で、神経に何らかの刺激が伝わるとそれがある程度の強さになっている場合には、脳で痛みとして判断されます。

 

この痛みは原因になっている刺激がなくならないと消えないので、その間はずっと痛みが続きます。

 

ちなみに痛みは脳が判断している感覚なので、意識がない時には痛みは感じません。

 

腰痛の原因になっている直接の原因にはいくつかあります。筋肉の硬化や、骨や軟骨や関節組織の変異や炎症などが大きな原因になっています。

腰痛の代表的な3つの痛み

 

2014y05m10d_153451685

 

腰の異常は大きく3つの要因に分類することができます。

 

末梢性、中枢性、心因性にそれぞれ分けることができます。

 

末梢性の痛みの特徴

 

末梢性の腰痛は表在痛と深部痛と内臓痛の3つに分けることができます。表在痛とは簡単にいうと皮膚の痛みになります。刺激が小さいものの場合は「かゆい」と判断されるといった種類の痛みになります。

 

深部痛は筋肉や靭帯や関節に発生する痛みで、持続的で広範囲な鈍痛が特徴で、多くの腰痛はこの深部痛に分類されます

 

内臓痛はその名の通りで内臓や循環器系、消化器系、呼吸器系などが原因になって引き起こされるのが原因です。病院で診てもらう必要がある症状と言えます。

 

中枢性の痛みの特徴

 

中枢性の痛みは神経が圧迫されることによって発生する痛みになります。脊髄障害や脳障害等が代表的です。他にも椎間板ヘルニア脊柱管狭窄症の要因になっていることでも有名です。

 

心因性の痛みの特徴

 

心因性の痛みはその名の通りメンタル面からくる痛みになります。「うつ」状態の時に起きやすく、本人は心因性だと気がつかず、別の要因があるのだと思う事が多いです。

そういった自覚症状がないので、メンタル面からくる症状は治りにくいのが特徴になります。

 

まずは上記のような原因があるという事を知っておいて、自分がどれに当てはまるのか理解してからの処置になります。

普通の腰痛ほど治しにくい

普通の腰痛ほど治しにくい上記の3つに分類された腰痛ですが、一番一般的なのが「末梢性腰痛の深部痛」です。

 

多くの人がこのタイプの腰痛で、いわゆる普通の腰痛と呼ばれるものですが、こういった腰痛ほど治しにくいんですよね。

 

「末梢性腰痛の深部痛」の場合だと病院に行っても治らないことが多いので、地道にストレッチや姿勢改善をして治していくしかないです。おそらく多くの人がこのタイプの腰痛で苦労していると思います。

 

中枢性の腰痛の場合ならまだ原因がわかる分だけ、医師から適切な治療やアドバイスが貰えるので治しやすいです。

 

心因性腰痛の場合も厄介ですが、ストレス解消などメンタル面でも問題解決によって腰痛も治ることが多いので、課題が明確です。

 

「末梢性腰痛の深部痛」の場合はどこに原因があるのか分かりにくいので、なかなか治し方がわからないんですよね。腰痛専門医に相談しないとなかなか治療は難しいです。

 

当サイトではそんな悩みの深い腰痛の改善方法を載せてたマニュアルや腰痛グッズなどを下記で載せているので参考にしてください。

youtuutisakusabisusyouhin
bnr_chiikibetsu_600x300
bnr_chiikibetsu_600x300
bnr_youtsuukaizen_600x300

 

タグ :  

腰痛の原因と治療法

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る