腰痛の薬による治療について

腰痛を早く治す方法

腰痛の薬による治療について

腰痛を改善するためにはまずは痛みを軽くする治療をする必要があります。

 

骨折や脱臼などの外傷や炎症、腫瘍などの疾患以外の整形外科的な疾患の時にもまずは腰の痛みを軽くする必要があります。

 

痛みの改善のために、多くはNSAIDと呼ばれる非ステロイド性の消炎鎮痛剤(痛み止め)が処方されます。

 

具体的にはどのような感じの痛み止めの方法が使われるのでしょうか。

 

まずは下記から詳細情報をご覧ください。

 

腰の痛みを薬で解消する

 

2014y05m17d_144523876

 

腰の痛みで悩んでいるのに使われている痛み止めは、錠剤やカプセルですが、効果が少ない場合には肛門にさす座薬を使用することがあります。

 

ぎっくり腰などの急性なケースの場合には、炎症を伴っているので、炎症が治まるまではこれらの薬を服用するようにしてください。

 

また副作用については、主に胃腸障害むくみなどで、重大なものではないので心配はありません。

 

そういった理由から医師も鎮痛剤を出す時には胃薬を一緒に出すようにしています

 

ただアスピリン喘息の人や薬に過激な人には使用できません

 

また痛みで過度に緊張した筋肉をほぐすために、筋弛緩剤が処方されます。

 

しびれがある時には、神経の働きを改善するビタミンB12や、血液循環を改善するビタミンEも追加されます。

 

ただ消炎鎮痛剤を服用しても、痛みのために眠れなかったり、慢性腰痛で悩んでいる場合には精神安定剤が処方されることもあります。

 

私の場合は座薬を処方されたので、意外と痛み止めでは座薬が一般的なのかもしれないですね。

 

個人的には飲み薬のほうが簡単なのでありがたいのですが、肛門のほうが腰に近いので効き易いというのもある意味では納得できますね。

 

そのほかにも湿布薬も処方されます。

 

湿布薬はかぶれなどの症状がなければ安心して使用することができます

 

youtuutisakusabisusyouhin
bnr_chiikibetsu_600x300
bnr_chiikibetsu_600x300
bnr_youtsuukaizen_600x300

 

タグ :   

腰が痛い方必見!腰痛を治す方法 腰痛の基本情報

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る