腰痛や健康に影響しないような飲酒とたばこの摂取法

腰痛を早く治す方法

腰痛や健康に影響しないような飲酒とたばこの摂取法とは?

お酒やたばこ自体は健康にはあまり良くないですが、ほどほどくらいなら問題はありません。

 

腰痛の場合は、飲む環境の方が大事になってきます。座敷で長時間座っているのは症状にはよくないです。

 

また深酒になるにつれて座る姿勢が乱れてきます。その際に無理飲んでいると適量であっても病気になる可能性はあります。

 

飲酒の際には量に気を付けるのはもちろんですが、飲む際の環境や姿勢についても頭の片隅に注意を向けておくといいと思います。

 

喫煙の際の注意点

 

2014y12m04d_214754554

 

喫煙はできればしない方がいいというのは言うまでもないです。

 

タバコを吸う事によって腸内環境が悪くなることがあります。またヘビースモーカーの場合は首の筋肉が疲労しやすくなります。

 

ずっと煙を吸い込むので、アゴまわりや首の筋肉が疲労してアゴが前に出る姿勢になって姿勢が悪くなります。

 

またそれによってリンパの流れにも悪影響を及ぼします。

 

ちなみにリンパと腰痛の関係はこちらを参考にしてください。

 

飲酒とたばこの注意ポイント

 

飲酒とたばこに注意が必要という事は上記を見ればわかると思います。

 

具体的にどんな感じで注意することが大事なのかは下記のポイントを参考にするといいと思います。

 

腸内環境や外部要因からの症状の原因にならないように気をつけましょう。

 

  • 飲酒とタバコのポイント
  •  

      • ビールなら大ビン2本、日本酒なら2合に止めておく
      • 冷たい飲み物を一気に飲まない
      • 楽しくない環境での飲酒を控える
      • 座敷で長時間同じ姿勢を取らないようにする
      • 喫煙は一日10本以内にしておく
      • コーヒーやお茶の飲み過ぎに注意する

     

    上記のポイントに注意するようにすると、飲酒やタバコからくる症状を抑えることができるようになると思います。

     

    まあそこまで厳しい条件と言うのはないので、しっかりと意識して行うようにすればできるようなことばかりだと思います。

     

    タバコについてはいっそこういった機会に禁煙することを考えるのもいいのではないでしょうか。

     

    youtuutisakusabisusyouhin
    bnr_chiikibetsu_600x300
    bnr_chiikibetsu_600x300
    bnr_youtsuukaizen_600x300

     

    タグ :  

    日常生活で注意が必要な習慣 日常生活で注意が必要な習慣 飲酒やタバコでの影響

    この記事に関連する記事一覧

    TOPへ戻る