腰痛を治すために最適な季節と時期がある

腰痛を早く治す方法

腰痛を治すために最適な季節と時期がある!いつがいいの?

腰痛を治すのに最適な時期や季節があるというのをご存知でしょうか?

 

慢性的な痛みのほとんどの場合に、筋肉の硬化などの症状が起こります。こういった事は、筋肉や周辺の組織が炎症を起こした時に発症する場合も同じです。

 

普通の炎症の場合は3日くらいすれば落ち着いてきます。そういった事が改善する季節と大きく関係してくるのです。

 

患部の炎症が治まっても、痛みが取れない場合があります。

 

その場合は炎症の影響や安静状態を保つために、患部やその周辺部分の血行が悪くなっています。

暖かい時期に腰痛を治すと効果的!

 

2014y12m06d_221802686

 

上記のように炎症が治まっても、炎症の影響で患部の血行が悪くなります

 

そのため患部を冷やすというのは良くありません。患部を冷やすと余計に血行が悪くなるからです。

 

よく冬場等の寒い時期に血行を良くするためにエクササイズなどを行いますが、その後に体が冷えてしまう事で、すぐに血管が収縮してしまいうので効果が出にくいです。

 

腰痛の場合にも同じことが言えます。

 

冬等の寒い時期に治そうと思って、エクササイズなどをしても、血管が収縮してしまうので、思うような結果が得られないのです。

 

そのため暖かい時期に改善をすると、血管の収縮がなく、自分にあったエクササイズの効果も得やすいのです。

 

こういった季節なども考慮しながら改善に取り組んでみるのもいいのではないでしょうか。

 

そうはいってもできるだけ早めに取り組んだほうがいいので、季節にばかりこだわるのは対策の遅れになります。

最も腰痛が発症しやすい季節とは?

2014y12m03d_162309214暖かい時期に腰痛を改善するといいと上記では説明しましたが、腰痛になりやすい季節もあります。

 

季節や環境や気温、湿度、気圧の変化が身体に影響を与えるというのは上記を見ると何となく分かると思います。

 

特に気温が下がってくると筋肉は縮こまって硬くなってしまって、伸び縮みしにくくなり、腰はもちろんですが、首や肩、股関節やひざなどの身体全体の関節も動きが悪くなってきます

 

そのような状態で無理な姿勢で作業をしたり、長時間同じ姿勢をしていて急に動いたりすると、身体がうまく対応できずに、腰を痛めてしまう原因にもなります。

 

そのため冬場などでは腰痛の発症に注意が必要になってきます。特に年末とお正月明けはギックリ腰になりやすいと言われているので注意が必要になってきます。

 

年末は忙しいだけでなく、忘年会などで暴飲暴食や大掃除など身体への負担が溜まりやすい時期です。また寒さがあり体を動かすことが少ないので腰周りの筋肉が張って硬くなりがちです。

 

腰痛が発症しやすい時期と、腰痛を治すのに最適な時期を理解して、時期にあった腰の対策をしてはどうでしょうか。

 

当サイトではそんな方のために専門家による自力で改善できるマニュアルを紹介してるので是非参考にしてみてはどうでしょうか。

 

※腰痛改善に最適な季節

 

確かに血管や血行を考慮すると最適な腰痛改善の時期というのは納得できますね。

 

冬場等の寒い季節では血管の収縮によって血行が良くないので効果が十分に得られないというのも納得ですね。

 

腰が痛い方はできるだけ暖かい季節に改善するように心がけるといいと思います。

 

youtuutisakusabisusyouhin
bnr_chiikibetsu_600x300
bnr_chiikibetsu_600x300
bnr_youtsuukaizen_600x300

 

タグ :   

腰が痛い方必見!腰痛を治す方法

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る