腰痛予防のための有酸素運動

腰痛を早く治す方法

腰痛予防のための有酸素運動

有酸素運動は腰痛予防以外の目的でも実践している人も多いのではないでしょうか。そもそも有酸素運動が腰痛予防にどれだけ効果的なのか知らない人の方が多いのではないかと思います。

そもそも有酸素運動とはどのようなものなのか説明したいと思います。

 

有酸素運動は酸素を吸い込みながら体を動かす運動のことをいいます。有酸素運動をすることによって腰痛改善腰痛予防にどのような効果を期待することができるのでしょうか。

 

下記に具体的に有酸素運動の腰痛改善効果を一覧にしました。

 

  • 体を温めることでストレッチ効果を高める
  •  

  • 体を温めることで体幹部の血行を促進して痛みを軽くする
  •  

  • 体の中の余分な脂肪を燃焼させて日常での反り返り姿勢をなくして腰への負担を軽くする
  •  

  • ウォーキングなどで猫背などの姿勢改善を意識しながら矯正できる
  •  

    上記のような効果を期待することができます。腰痛はもちろんですが、健康にもいいことなので当サイトを参考にして実践するのもいいと思います。

     

    腰痛予防の運動の強さと時間はどれくらい?

    2014y06m14d_150308515腰痛予防の運動療法を行う際の運動の強さや時間は、運動目的に応じて決める必要があるので一概には言えませんが、体を温めることを目的にした脂肪燃焼をするさいにどうするのか説明しようと思います。

     

    運動の強さを測る目安としては心拍数を測って計算式を使って算出する方法もありますが、わかりやすいのは運動中で自分で感じた感覚から運動強度を予測するのが手軽だと思います。

     

    その際に効果的なの運動をしていて「楽に感じる」という範囲から「ややきつい」と感じる程度の感覚を中心に運動するようにするといいです。

     

    また実施時間についても、目的によって違ってきますが、体を温めるくらいの感覚なら運動時間は15分から20分くらいが運動時間の目安になると考えていいと思います。

     

    体重減少や脂肪燃焼を目的にしているなら十分な運動が必要になってきます。

     

    その場合、体力面や体の不調など特別な影響などの体への制限がない場合だと1回で20分から30分程度の運動を継続したほうがいいです。

     

    運動中の強さの変え方にも注意をするようにするといいです。

     

    腰痛予防の運動では、運動の初めにいきなり急激に激しい運動をするのは危険です。最初は軽い運動から腰痛予防に取り組みましょう

     

    また運動終了時には急に運動を中止しないで少しずつ弱めていくようにすると腰痛予防には効果的です。

     

    腰痛予防や腰痛改善の有酸素運動では無理をしないで継続して行うことが大事になってきます。無理して腰痛を悪化させたら意味がないので、ほどほどを意識して行うようにするといいです。

    youtuutisakusabisusyouhin
    bnr_chiikibetsu_600x300
    bnr_chiikibetsu_600x300
    bnr_youtsuukaizen_600x300

     

    腰痛の再発を防ぐ

    この記事に関連する記事一覧

    TOPへ戻る