腰部変性後弯症の治療のためのエクササイズ方法

腰痛を早く治す方法

腰部変性後弯症の治療のためのエクササイズ方法

腰部変性後弯症は原因によっては病院での治療が必要な腰の症状になります。

 

まずはこちらから腰部変性後弯症について詳しく見ておいてください。

 

ここでは姿勢の悪さから変性後弯症になった場合のエクササイズ方法を紹介しています。

 

圧迫骨折や脊椎損傷による変性後弯症の場合はすぐに医師の診察を受けるようにしましょう。

 

ちなみに痛みが激しい場合は、医師の指示を受けて負荷の軽いエクササイズを実施するようにしましょう。

 

腰部変性後弯症のエクササイズ方法

 

2014y10m23d_144242504

 

変性後弯症のエクササイズ方法は、腰を反ると痛みがある場合のエクササイズ方法や下記で紹介しているエクササイズ方法を実践するといいです。

 

ちなみに反ると痛みが走る場合のエクササイズはこちらを参考にしてください。

 

下記のエクササイズは自分の体重を支えるための足腰の筋力を強化するエクササイズになります。

 

  • カニ体操(30秒間)
  •  

    1 足にセラバンドやミニバンドを巻き、足を肩幅より広げて立ち、腰に手を当てる。

     

    2 背筋を伸ばして、お腹をへこませて校門を閉め、軽く膝を曲げる。

     

    3 姿勢を保ったまま片足を上げ、左右にゆっくり重心を移動する。

     

    上記を朝晩の各1回づつやるようにするといいと思います。

     

    筋力不足で発症するというのは結構よくあることだと思います。

     

    私も病院に行った際に筋力不足を指摘されたので、おそらく結構指摘されている人も多いと思います。

     

    そのためこういった方法で筋力強化をすることは大事になってくると思います。

     

    ※腰部変性後弯症の場合はまず医師の診断

     

    姿勢の悪さから変性後弯症になるケースもありますが、それ以外の原因の場合も結構あるのが変性後弯症なので、まずは医師に相談するのが一番いいと思います。

     

    エクササイズも医師に相談してから実施するようにしてください。

     

    またエクササイズで痛みが増すようならすぐに止めるようにしましょう。

     

    youtuutisakusabisusyouhin
    bnr_chiikibetsu_600x300
    bnr_chiikibetsu_600x300
    bnr_youtsuukaizen_600x300

     

    タグ :  

    腰が痛い方必見!腰痛を治す方法 腰に関する疾患情報 腰部変性後弯症

    この記事に関連する記事一覧

    TOPへ戻る