腰部椎間板症の詳細(気になる腰痛疾患)

腰痛を早く治す方法

腰部椎間板症の詳細(気になる腰痛疾患)

腰部椎間板症は結構身近な腰痛の症状になります。

 

長時間のデスクワークや、車の運転をしている人、さらに中腰で重い物を取り扱っている人に多く発症する疾患として有名です。

 

特に最近ではデスクワークで仕事をする人が多くなってきているので、意外と多くの人がこの腰部椎間板症で悩んでいるのではないでしょうか。

 

ではこの症状はどのような仕組みで発症していくのでしょうか?

 

腰部椎間板症の発症の仕組みと原因

 

2014y05m11d_150848575

 

腰部椎間板症は日常生活の中で、バランスの悪い姿勢で偏った動作を繰り返したり、背骨に負担のかかる動作をしたりすると、体の重心のバランスを調整しようとします。

 

そういった調整が繰り返すことによって、骨盤にズレが生じてしまって、体に歪みが発生してしまいます。

 

こういった体の歪みが原因になってしまって、負担がかかってしまいます。

 

負担がかかることによって、椎間板が腰椎の後ろにある神経を刺激することで痛みが生じます。

 

これがひどくなるとヘルニアになる可能性もあるので、腰椎椎間板ヘルニアのひとつ前の症状と言えると思います。

 

できるだけこの段階で治すようにしないと面倒なことになるので、早期発見が非常に大事になってくると思います。

 

腰部椎間板症の具体的な症状とは?

 

2015y01m03d_150632798

 

腰部椎間板症の症状としては慢性的な腰痛と、稀に下半身に麻痺のような症状が起こるようです。

 

前かがみになった時に痛みが強くなったり、寝起きや動き始めに痛みがある場合は腰部椎間板症の可能性があります。

 

神経に麻痺が起こるような場合にはかなり症状が進んでいる可能性があるので早めに見てもらう必要があります。

 

痛みが強く、日常生活に支障をきたすような場合は手術をする可能性もあるので、そういう方は早めに病院に診てもらった方がいいと思います。

 

安全な中腰姿勢とは?

 

2015y01m03d_150537383

 

慢性腰痛で多いのが中腰による痛みですが、生きていく中で中腰なしで済ませることは意外と難しいという現実があります。

 

ではどうやって負担を和らげながら中腰を避けていけばいいのでしょうか?

 

  • 膝を曲げる
  •  

    膝を曲げることによって体幹の前傾が小さくなって、腰への負担が軽くなるようになります。

     

    上記のように腰を曲げるのではなく、膝を曲げるようにすることが疲労を小さくします。

     

    そのため洗面掃除や、低い作業台ではしっかりと膝を曲げるようにしましょう!

     

    ちょっとしたことですが、やってみると大分違うので試してみてください。

     

  • 足を前後に開く
  •  

    膝を曲げるだけでなく、足を前後に開くことによってさらに重心が安定してくるので腰への負担がさらに小さくなるのでおすすめです。

     

  • 腹筋を緊張させる
  •  

    体を前に倒す際には、背筋だけでなく、腹筋と背筋が一緒に動いて体幹を鍛えるようにするといいです。

     

    腹筋をある程度鍛えることによって負担を分散することができるので、試してみるといいかもしれないです。

     

  • 片膝をつく
  •  

    片膝をつくというのは腰を庇っていれば自然に出来る動作ではないでしょうか。

     

    腰よりも低い位置で作業する際には非常にオススメの動作で、ちょっとしたことですが大分楽だと思います。

     

  • 道具や作業台を工夫しよう
  •  

    道具や作業台を工夫して、そもそも中腰姿勢をとる必要がない状況を作ることが大事になってきます。

     

    掃除機などは柄を長くして使用したり、ちょっとしたことですが、普段の生活の中でのことなので、できるだけ工夫するようにするといいと思います。

    youtuutisakusabisusyouhin
    bnr_chiikibetsu_600x300
    bnr_chiikibetsu_600x300
    bnr_youtsuukaizen_600x300

     

    タグ :   

    腰に関する疾患情報 腰に関する疾患情報 腰部椎間板症

    この記事に関連する記事一覧

    TOPへ戻る