腰部椎間板症の改善方法

腰痛を早く治す方法

腰部椎間板症の改善方法

腰部椎間板症は「腰部椎間板症の詳細」で詳しく説明していますが、簡単に言うと椎間板ヘルニアの一歩手前の状態と言える症状になります。

 

ヘルニアはまだ起こってないですが、椎間板が変形しており、それが神経を圧迫していて、周囲の筋肉や組織が炎症している状態という事になります。

 

その組織と筋肉の炎症が痛みを引き起こして、痛みが発生するという仕組みになっています。

 

普通は重いものを持ったり、激しい運動によって、椎間板の変性が起こります。場所は背中側に起こることが多いようです。

 

2014y01m23d_162747161

 

上記の図を見ると分かりますが、髄核が飛び出して椎間板を圧迫しているのがよく分かると思います。

 

こうなってくると、ちょっと無理をしてしまうと椎間板ヘルニアになってもおかしくないです。

 

腰部椎間板症を改善するには

 

2014y05m29d_153012948

 

まずはこれ以上悪化させないためにも、背中を丸めて力を入れるような動作を避けることが大事になってきます。

 

さらに筋力のバランスを整えることも大事です。

 

自分でなんとかする場合は、どれくらい効果があるかはわかりませんが、コンドロイチングルコサミン等のサプリメントを摂取する必要があります。他にも食事にも注意するといいです。

 

具体的には納豆山芋などの「ネバネバ食品」を摂取して、カルシウムを効率よく摂取できるようにするといいです。

 

個人で改善を試みる場合は上記のような事を実践するといいと思います。

 

椎間板ヘルニアにしないためにも、ここでなんとか改善するような努力をすることが大切だと思います。

 

食事療法も意外と効果があるので腰部椎間板症以外のような異常の場合でも積極的に摂取していくといいと思います。

 

上記の食事での改善方法と、当サイトで紹介している専門家によるサポート付きの改善マニュアルを利用するようにすれば、体の外と内側から改善することが可能になります。

 

専門家に相談しながら取り組めるマニュアルなので、一人で改善するのではなく専門家と一緒に症状を改善しませんか?

 

youtuutisakusabisusyouhin
bnr_chiikibetsu_600x300
bnr_chiikibetsu_600x300
bnr_youtsuukaizen_600x300

 

タグ : 

腰に関する疾患情報 腰に関する疾患情報 腰部椎間板症

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る