腰部脊柱管狭窄症の症状とは

腰痛を早く治す方法

腰部脊柱管狭窄症の症状と名医について

腰部脊柱管狭窄症は長年腰に負担をかけることによって発症します。

 

具体的には馬尾神経が入っている脊柱管が狭くなったり馬尾神経が圧迫されることによって起こります。

 

では発症するとどのような感じになるのでしょうか。

 

高齢化によって腰痛患者さんの全体数が増えている現在では加齢によって脊柱管が狭くなっている人の割合も増えてきています。

 

腰痛を専門に扱っているような名医の先生なら高齢者が腰痛で来院した場合にはまず「脊柱管狭窄症」を疑うのは当然のことだと思います。それだけ高齢者の腰痛では「脊柱管狭窄症」の人が多いと言うことです。

 

具体的な症状は下記になります。

 

腰部脊柱管狭窄症の症状と発症するとこうなる!

2014y07m26d_134735728

 

腰部脊柱管狭窄症は安静にしているときには症状がなかったりして、あったりしても非常に軽い症状になります。

 

しかし歩行することによって、ある程度歩くと下股のしびれや痛みのために歩けなくなってしまいます。

 

ただ立ち止まって休むと症状が良くなって痛みがなくなってきます

 

そしてまた歩き始めると再び悪化するという感じの症状が特徴的な症状になります。

 

ちなみに病院での診断が可能な疾患になっており、診断方法はMRI検査や脊髄造影検査によって腰部脊柱管狭窄症が発症されるのか診断されます。

 

症状としては意外とわかりやすい症状なので、心当たりがある方は、一度病院で診察してもらうといいです。

 

珍しく病院で検査して原因が分かる疾患なので、しっかりと病名を確定させてから改善に取り組んでいくといいです。

 

病院でわかるということは、結構重度な疾患だと思っていいかもしれないですね。

 

救いは病院でしっかりとした治療指針がわかるということだと思います。

 

基本的にはしびれなどを感じたら病院にいってしっかりと診察してもらうといいです。

 

しびれなどがある場合は他にはヘルニアなどの可能性も考えられるのでまずはしっかりと疾患名を特定させることにしましょう。

 

高齢者に多い脊柱管狭窄症の症状の特徴

2015y11m07d_155139399腰痛医師の診察では「痛みやしびれで長く歩けない」などの言葉が出てくると慣れている専門の名医なら脊柱管狭窄症の人に多い間欠性行の症状だと考える場合が多いです。

 

またMRIの画像診断で脊柱管が狭くなっているような症状が見られたら脊柱管狭窄症の可能性が高いというのは事実です。

 

まとめると下記のような症状がある場合には脊柱管狭窄症の可能性が高いです。

    • 高齢者で腰の痛みが強い
    • 痛みやしびれで長く歩けず休み休み歩く
    • MRIの画像診断で脊柱管に狭窄が見られる

とは言ってもこれらの症状があるからと言って確実に脊柱管狭窄症だとは判断することはできないです。現在は検査機器の発達によって診断が正確になってきていますが、脊柱管狭窄症に似ている症状が他にもあります。

 

それは椎間板ヘルニアになります。椎間板ヘルニアと脊柱管狭窄症は似ている症状なので昔はよく混同されていました。

 

そのため「脊柱管狭窄症」と判断されたとしても下記のよう症状の場合が考えられます。

    • 本当に脊柱管狭窄症が原因で腰痛になっているケース
    • 本当は椎間板ヘルニアが主原因で腰痛になっているケース
    • 脊柱管狭窄症やヘルニアと直接関係がない原因で腰痛になっているケース

ちなみに脊柱管狭窄症の状態が見られた8割の中で実際に痛みやしびれなどの症状を訴えている人は1割程度だったと言う調査結果もあります。

 

つまり脊柱管が狭くなっているからといって必ず痛みや痺れを感じるわけではないと言うことです。もしかしたらあなたも隠れ脊柱管狭窄症なのかもしれないですよ。

 

とは言っても自覚症状がないなら日常生活に影響はないのでそこまで気にすることはないと思います。加齢によって脊柱管狭窄症になってしまうのは無理のないことです。

 

問題はしっかりとした治療法で改善していくことになります。

 

下記から手術なしで腰の症状を改善できるような方法を載せているマニュアルがあるのでよかったら参考にしてみてはどうでしょうか。

 

専門家のマニュアルで無料診察券がついているものがあるので、それを利用して専門家に見てもらうのが個人的にはオススメです。

 

さらにメールサポートもついてるので自宅にいてもアドバイスをもらえるのは嬉しいですね。

 

youtuutisakusabisusyouhin
bnr_chiikibetsu_600x300
bnr_chiikibetsu_600x300
bnr_youtsuukaizen_600x300

 

タグ : 

腰に関する疾患情報 腰に関する疾患情報 腰部脊柱管狭窄症

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る