腰部脊柱管狭窄症の詳細情報と治療法

腰痛を早く治す方法

腰部脊柱管狭窄症の詳細情報と治療法

腰部脊柱管狭窄症は病院で診断されて判明する特異的ケースの一つとして、多く診断される病名になります。

 

有名な椎間板ヘルニアと並んで診断されるケースが多いようなので、結構多くの人が患っているという事がわかると思います。

 

色々な事が原因で発症する疾患で、すべり症によって起こるケースや、「つま先荷重」や左右のバランスの乱れから発症するケースも多いです。

 

では具体的に脊柱管狭窄症とはどのような疾患なのでしょうか?まずは下記からご覧ください。

 

腰部脊柱管狭窄症の痛みの原因とは?

 

脊柱管狭窄症は何らかの理由で、神経の通り道である脊柱管が狭くなって神経を圧迫することによって痛みを生じるという疾患になっています。

 

2014y01m29d_164509159

 

 

この腰部脊柱管狭窄症は椎間板ヘルニアと同じように痛みがない場合や、痛みがあってもレントゲンなどの画像で判別できない場合もあります。

 

腰部脊柱管狭窄症はどのような方が発症しやすい?

 

脊柱管狭窄症はお年寄りに発症し易い疾患になります。

 

具体的には60歳以上に方に発症し易い疾患で、若い方には起こりにくいと考えていいと思います。

 

ただ発症の予兆のようなものは50歳前後から現れはじめるので注意が必要です。

 

具体的な予兆として「ふくらはぎの筋肉が硬くなってきた」と思ったらそれが予兆なので注意が必要です。

 

その場合は普段の姿勢が影響して腰椎に負担がかかっている証拠になります。

 

この段階でできるだけ早めに対処することが大事になってきます。

 

腰部脊柱管狭窄症の治療と治し方とは?

 

2014y05m03d_150219203

 

人によって症状の度合が違っているので、一概には言えませんが、まずは医師に相談するのが一番です。

 

特異的ケースなので、病院で診察を受けることによってしっかりとした治療が受けられると思います。

 

症状がそこまで深刻でない場合は、電気治療やエクササイズで改善することが可能になります。

 

筋力の低下によって脊柱管が編成している場合は、体幹部の筋肉を鍛えることによって改善します。

 

またその場合は筋力を維持するためにも継続的に運動を続けるといいと思います。

 

何にしても特異的ケースなので、医師から具体的なエクササイズ方法と治療法を相談するのが一番だと思います。

 

それか当サイトで紹介してる専門家による有料マニュアルを利用して、相談しながら改善に取り組んでみてはどうでしょうか?

 

youtuutisakusabisusyouhin
bnr_chiikibetsu_600x300
bnr_chiikibetsu_600x300
bnr_youtsuukaizen_600x300

 

タグ :  

腰に関する疾患情報 腰に関する疾患情報 腰部脊柱管狭窄症

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る