自宅で手軽にできる温熱療法の方法について

腰痛を早く治す方法

自宅で手軽にできる温熱療法の方法について

腰が痛い場合に行われる効果的な痛み対策の方法として、温度を用いた療法が効果的です。

 

急性の深部がズキズキと痛むような腰の痛みではアイシングなどの冷却療法がお勧めです。

 

ここでは急性期をすぎた痛みに効果的な温熱療法の方法と効果について説明しようと思います。

 

温熱療法は患部を温めることによって、毛細血管が拡張して組織修復が促進されることに加えて、筋線維や腱の柔軟性を改善する効果も期待できます

 

さらに温熱療法には鎮痛効果もあるので、積極的に取り入れましょう。

 

温熱療法のやり方と効果について

 

2014y05m30d_153156088

 

温熱療法を効果的に行うには、熱を体の深部に届かせる必要があります。

 

つまりただ温めればいいというわけではありません。

 

そのため赤外線やストーブのような表面だけを温めるというようなものよりは、ホットバックのように蒸気の出る熱源を利用したほうが効果的です。

 

病院ではホットバックを利用することが多いですが、家庭で行う場合は蒸しタオルを用いるといいと思います。

 

しかし携帯用カイロなどの蒸気の出ない熱源は、体の深部にまで熱が伝わらないので蒸しタオルほどの温熱効果はありません

 

蒸しタオルを使った温熱療法

 

下記では自宅でできる蒸しタオルを使った温熱療法の方法を説明しています。

 

  • 熱い湯にバスタオルなど大きめのバスタオルに浸す。
  •  

    濡らしたタオルを電子レンジで温めてもいい。

     

  • 固く絞る
  •  

  • 患部にタオルを当てます。大きめのビニール袋で上から覆う。
  •  

    上記のような方法で温熱療法を試すといいと思います。

     

    急性の症状の場合だと逆効果になるかもしれないですが、慢性的な痛みの場合だと効果があると思います。

     

    手軽に自宅でできる方法なので試してみてはどうでしょうか。

     

    もし慢性的な症状で悩んでいるなら当サイトが紹介している有料の改善マニュアルを利用するのもいいと思います。

     

    無料診察券がついているものも紹介しているので、専門家に見てもらって症状を確定させてから改善の指示を受けるとスムーズだと思います。

     

    youtuutisakusabisusyouhin
    bnr_chiikibetsu_600x300
    bnr_chiikibetsu_600x300
    bnr_youtsuukaizen_600x300

     

    タグ : 

    腰が痛い方必見!腰痛を治す方法 腰痛の原因と治療法

    この記事に関連する記事一覧

    TOPへ戻る