運動療法の目的と再発防止について

腰痛を早く治す方法

運動療法の目的と再発防止について

腰が痛くて治療をしていて、ようやく痛みがなくなったとしても安心してはいられません。

 

油断すると再発してまた痛みが出てくるということは結構よくあることです。

 

そのためしっかりと再発を防ぐためにも原因を排除するのが大事になってきます。

 

そんな疾患の再発を防ぐのに役立つのが運動療法になります。

 

運動療法は腰痛の原因になった機能低下や、その結果起こった色々な身体的な問題点を、運動によって改善して、元の健康な状態に戻そうとするものです。

 

身体に負荷を与えて、それに対して身体が適応しようとする反応を期待するわけなので、誤った方法で行うと患部によくない刺激を与えて、痛みを強くする場合があります。

 

それを防ぐためにも、悪くなる可能性のリスクを十分に考えて、運動方法や実施回数、負荷量を設定して無理のない運動をすることが大事になってきます。

 

まずは下記から詳細情報をご覧ください。

 

腰痛の運動療法の目的

 

2014y06m01d_152448991

 

運動療法は治療には欠かせない療法になっています。

 

具体的には下記のような目的があります。

 

  • 悪い姿勢の矯正と、稼働域の拡大を目的にした柔軟体操やストレッチをする。
  •  

  • 筋肉や筋力を増強するために行う、筋力トレーニングを行う。
  •  

  • 局所や全身の持久力の改善を目的にした持久力のトレーニングをする。
  •  

  • 腰痛の痛みの原因を作りだしている以上動作を矯正する。
  •  

    まずは上記のように運動を行うことによって、あなた本来の運動機能を回復しながら痛みを軽くするのが運動療法の目的になります。

     

    それぞれ、柔軟性や関節可動域の改善や筋力の改善、動作の改善などによって越しえの負担を軽くして痛みを和らげる効果を期待することができます。

     

    何となく体を動かせば効果が出るというものではないのでしっかりと目的意識を持って取り組むことが大事になってきます。

     

    運動療法は画一的なないようではなく、あなたの症状や身体機能、さらに痛みの種類によっても違ってきます

     

    そのためしっかりとした情報を知ってから効率よく回復できるように内容を考えます。

     

    そのためにもしっかりと腰痛の原因をしってから、適切な運動療法を行うことによってしっかりと効果が出てくるのです。

     

    目的と流れを知ることで迷うことなく対策に取り組めるようになるのではないでしょうか。

     

    当サイトでも運動をすることで疾患の予防を推奨しているので是非取り組んでみるといいと思います。

     

    また当サイトでは腰の専門家による改善方法のマニュアルも合わせて載せているので参考にしてみてはどうでしょうか。

     

    メールサポートで問い合わせながら、あなたにあった方法を相談できるので活用するといいです。また無料診察券が付いているマニュアルもあるので、直接専門家に見てもらうのもいいのではないでしょうか。

     

    youtuutisakusabisusyouhin
    bnr_chiikibetsu_600x300
    bnr_chiikibetsu_600x300
    bnr_youtsuukaizen_600x300

     

    タグ :  

    腰痛の再発を防ぐ

    この記事に関連する記事一覧

    TOPへ戻る