子供の頃に強く頭を打つと腰痛になるかもしれない

腰痛を早く治す方法

子供の頃に強く頭を打つと腰痛になるかもしれない?

子供の頃に頭を強く打つと、何で腰痛になる可能性が高くなるの?と思う方も多いと思います。

 

考え方は子供の頃に「尻もち」を付いたことがある子供は発症しやすいという事と同じです。

 

幼児期に頭を強く打つと、頭を気にすると思いますが、意外と首の方を気にするという方は多くないと思います。

 

まずは下記から詳細情報をご覧ください。

 

頭を強く打った際は、もちろん頭の状態を気にするのはもちろんですが、首の方にも注意を向けてあげるのを忘れないでください。

 

頭を強く打つと首の骨にズレが生じる!

 

2014y12m06d_213607661

 

幼児期や子供の頃に頭を強く打つと、首の骨にズレが生じる可能性があります。

 

検査で骨や脳に異常がない場合でも、頚椎に歪みが生じることはあります

 

これも幼少期に尻もちをつくと骨盤がズレて、そのまま成長して腰痛になるという考えと同じですね。

 

頚椎のズレによって、頚椎のカーブに乏しいストレートネックや椎間板などに傷害を起こしやすくなる可能性があります。

 

頚椎の歪みが生じた状態で、そのまま成長することによって、頭の位置がズレた状態のままになり、発症につながるのです。

 

こうして見ると子供や成長期の時期での怪我が将来大人になって大きな足かせになってしまうということがよくわかりますね。

 

そのため子供のときや成長期での怪我についてはできるだけしっかりと精密検査などを行うことが大事になってきます。

 

子供のときの場合だとこういったことには無頓着なので気にせすに過ごしてしまいがちなので、大きくなってからでもいいので見てもらうことが大事に鳴ってくると思います。

 

※意外と見落としがちな頚椎のズレ

 

確かに頭を打つと、頭や脳の検査をしますが、首についてはそこまで気にしないですよね。

 

首の頚椎のズレも、ズレたまま成長すると、さらにズレが大きくなる可能性があるので、注意が必要です。

 

youtuutisakusabisusyouhin
bnr_chiikibetsu_600x300
bnr_chiikibetsu_600x300
bnr_youtsuukaizen_600x300

 

タグ : 

こんな人は腰痛になりやすい こんな人は腰痛になりやすい 子供の頃にケガや傷害がある人

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る