頸椎椎間板ヘルニアの症状と原因

腰痛を早く治す方法

頸椎椎間板ヘルニアの症状と原因

頸椎椎間板ヘルニアは有名な腰椎椎間板ヘルニア同様なもので、頸椎に生じる椎間板ヘルニアになります。

 

かなり有名で、結構悩んでいる人が多い症状なので原因をしっかりとつかんでおくことによって、予防を試みるといいと思います。

 

そんな頸椎椎間板ヘルニアの症状や原因については下記からご覧になってください。

 

頸椎椎間板ヘルニアの症状とは?

 

2014y05m15d_154734153

 

頸椎は頭を支えている部分になっており、成人の場合だと約6キロはあるという頭を支えているため、頭の位置が変わることで大きな負荷がかかります。

 

その負荷が1点に集中したり、首周りの筋肉疲労が蓄積して悪い姿勢のまま硬化することによって、椎間板から髄核が飛び出てしまいます

 

飛び出した髄核が神経を圧迫することによって頸椎椎間板ヘルニアになります。

 

ヘルニアはかなり有名な症状なので知っている人も多いと思いますが、発症すると厄介なので、できるだけここまで症状が進行する前に何とか対策を講じたいところですね。

 

頸椎椎間板ヘルニアの原因とは?

 

頸椎椎間板ヘルニアの原因の多くは姿勢の乱れ生活習慣にあることが非常に多いとされています。

 

特に現代ではパソコン作業等でデスクワークが非常に多くなっているので、アゴが前に出た姿勢を長時間とることで起こるケースが多いようです。

 

ちなみに発症し易い年齢層は30歳から50歳くらいの方に発症するケースが多いようです。

 

意外と働き盛りの年齢で発症することが多いので、仕事に影響を出さないためにもできるだけ早めに気づくということが大事になってきます。

 

※症状が出たらどうすればいい?

 

軽い肩こりや頸部痛くらいなら湿布や鎮痛剤で少し様子を見てもいいかもしれませんが、強い痛みや手足に症状がでるくらいになっているなら、すぐに病院に受診した方がいいと思います。

 

また安易なマッサージはさらに症状を悪化させるケースもあるので、マッサージをするなら医師の指導のもと行うようにしましょう。

 

youtuutisakusabisusyouhin
bnr_chiikibetsu_600x300
bnr_chiikibetsu_600x300
bnr_youtsuukaizen_600x300

 

タグ :  

腰に関する疾患情報 腰に関する疾患情報 頸椎椎間板ヘルニア

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る