飲酒やたばこと腰痛との関係

腰痛を早く治す方法

飲酒やたばこと腰痛との関係

飲酒やタバコが体に悪いという事は有名です。習慣がない方はやらないにこしたことはありません。

 

過剰なアルコールや喫煙によって、食生活でも触れた「活性酸素」を発生させる原因になります。

 

活性酸素によって腰痛になる可能性があるので、普段から飲酒やタバコをやらない人は、そのままやらない方がいいです。

 

では現在、タバコや飲酒を習慣にしている人は、すぐに禁煙や禁酒をした方がいいのでしょうか

 

ストレスのかかる禁酒禁煙は逆効果

 

2014y12m04d_213731993

 

いきなり禁酒禁煙をしてストレスをためるのは体に良くありません

 

大事なのはほどほどの量をたしなむくらいに抑えるということが大事になってきます。

 

例えばお酒を飲む習慣のある人は、「休肝日」を無理に作る必要はありませんが、飲みすぎは腸内環境に悪影響を及ぼすので、そこから発症する可能性があります

 

  • よくない悪習慣
  •  

      • 飲み過ぎ
      • 無理な禁酒
      • 冷たい飲み物で体を冷やす
      • 楽しくない環境での飲酒
      • タバコの吸い過ぎ
      • 健康のための無理な禁煙
      • カフェインのとり過ぎ

     

    オススメなビールの飲み方

     

    ビールの飲み方も工夫すると体への負担を少なくすることができます。

     

    よくビールを飲む方は、冷たいビールを喉を鳴らして飲みたい!と思う方が多いと思いますが、冷たいものを一気に飲むと内臓が冷えてしますのでおすすめできません。

     

    理想的なのは常温で飲むことです。

     

    そこでお風呂前に冷蔵庫から出しておいて、お風呂上りに飲むようにすると結構いい感じです。

     

    できればキンキンに冷えた状態で飲みたいという気持ちもあると思いますが、たまにくらいに抑えておくようにしたほうがいいと思います。

     

    是非試してみてください。

     

    youtuutisakusabisusyouhin
    bnr_chiikibetsu_600x300
    bnr_chiikibetsu_600x300
    bnr_youtsuukaizen_600x300

     

    タグ :  

    日常生活で注意が必要な習慣 日常生活で注意が必要な習慣 飲酒やタバコでの影響

    この記事に関連する記事一覧

    TOPへ戻る