骨盤の高さが左右で違ったり腰のカーブがないと腰痛になりやすい

腰痛を早く治す方法

骨盤の高さが左右で違ったり腰のカーブがないと腰痛になりやすい

日頃の生活習慣の癖から骨盤の高さが左右で違ってしまったり、カーブがないストレートバックの方は腰痛になる傾向にあります。

 

特に骨盤の歪みが影響を与えるというのは何となくわかると思います。

 

またカーブがないというのも、直接影響がでることなので、痛みの原因として強いです。

 

まずは下記から詳細情報をご覧ください。

 

骨盤の高さが左右で違う場合

 

2014y04m14d_153217153

 

骨盤にゆがみがあって、まっすぐに立った時に左右の傾きがある方も多いと思います。

 

放置しておくと腰痛にもなりますが、左右の足の長さが変わってくるので股関節やひざに傷害が起こる場合があります。

 

具体的にどのような場合に起こるのかというと、足を組んだり片足だけに体重を乗せる癖がある方は、日頃から姿勢に注意しておく必要があります。

 

骨盤に歪みが生じると、腰痛はもちろんですが、他にもいろいろと弊害が起こってくるのでしっかりと共生しておくことが大事になります。

 

骨盤ベルトなどを使って矯正しておくといいと思います。

 

下記の骨盤ベルトは腰痛用なので個人的にはオススメです。

 

kotubanberuto

 

腰のカーブがない(ストレートバック)の方

 

カーブが足りないという方の場合の大きな原因として挙げられるのが、日頃の姿勢になります。

 

イスに座るときは深く座って腰を伸ばし、アゴをしっかりと引くように心がけましょう。

 

ストレートバックになると骨盤にも影響を与えるようになるので、立つ姿勢にも影響を与えます。

 

また荷重バランスや太ももの内側筋肉も弱くなりがちになります。

 

ドローイングなどのエクササイズで改善を試みるようにして、腰椎周りの筋肉が硬くなっていることが多いので、骨盤を動かすエクササイズで筋肉の動きをスムーズにしましょう。

 

骨盤はスタイルにも大きな影響を与えているのでしっかりと整えることは健康面でも非常に大事になってきます。

 

※骨盤の歪みにも注意しよう

 

骨盤が痛みに大きな影響を与えるということは有名です。

 

しかも骨盤が歪んでいる人は結構多く、足を組んだりする人は骨盤が歪み易く、足の長さが左右で違っていたりします。

 

骨盤ベルトなどを使って歪みを強制するようにしましょう。着けるだけでも十分に効果があるので利用してみてはどうでしょうか。

 

youtuutisakusabisusyouhin
bnr_chiikibetsu_600x300
bnr_chiikibetsu_600x300
bnr_youtsuukaizen_600x300

 

タグ :  

生活習慣の改善で腰痛の再発防止

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る