骨粗鬆症による腰の痛みについて

腰痛を早く治す方法

骨粗鬆症による腰の痛みについて

骨粗鬆症は骨量が減少して骨がもろくなった状態をいいます。

 

骨が減少して椎体が骨折すると激しい痛みが走り、痛みの大きな原因になってしまいます。

 

ちょうどスポンジのように骨がスカスカになっている状態をイメージすると分かりやすいと思います。

 

実施に骨の量と言うものは30代をピークにしてどんどんと減少すると言う現実があります。

 

骨粗鬆症についても加齢によって発症されることがわかっており、特に多いのが閉経期以降の女性の場合は、骨に必要な女性ホルモンが減ってしまうので、骨粗鬆症になりやすいと言われています。

 

骨粗鬆症の腰痛の状態

 

2014y07m12d_142900430

 

骨粗鬆症の症状としては、疲れやすくなっており、同じ姿勢を続けた後に腰背部に重くて鈍い痛みが発生します。

 

骨がスカスカの状態ですので、布団の上げ下ろしなどでわずかな力が加わっただけでも、椎体の圧迫骨折のような状態が起こる可能性があります。

 

お年寄りの人の中には腰が海老のように曲がってしまっている方を見かけることはあると思いますが、これはわずかな力でも圧迫骨折が起こる可能性があります。

 

圧迫骨折が起こることによって脊柱の後弯がおこることによって、身長が縮むようになってしまいます。

 

他にも圧迫骨折の場合は、腹筋や背骨が弱くなってしまって、背骨をまっすぐに支えられることができなくなったということも大きな関係があります。

 

ちなみに骨粗鬆症の診断の場合は、レントゲン写真などによって判断されるようになります。

 

対処法はカルシウムなどをしっかりと摂取して健康な骨を維持するようにするという基本的な方法になりますが、意外と軽視しがちな部分なので注意しましょう。

 

骨に異常が出るということはおそらく腰以外の部分にも色々な支障が出てくると思うので、まずはしっかりと疾患自体を改善する必要があります。

 

youtuutisakusabisusyouhin
bnr_chiikibetsu_600x300
bnr_chiikibetsu_600x300
bnr_youtsuukaizen_600x300

 

タグ : 

腰に関する疾患情報 腰に関する疾患情報 骨粗鬆症

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る